マスメディアの通報のフリーはどこまで許容なるのか

呼物歌舞伎芸能人の女子が乳癌を患っておることを公表してから、報告の自粛について再三お願いしているのを見ます。それについて当然賛否両論があるようですし、媒体の言い分もあるようです。
でも命に関わる大病と、不義だの嫁入りだのというスキャンダルは皆目別問題だと思います。ただでさえ疾患の辛さや痛みと闘っておる輩に追い打ちを頼るような取材体系はやはり町民パワーとしては、可哀相としか思えません。
不満はいかなる疾患にも大敵と言われていますし、今は施術だけに無我夢中させてほしいと思ってしまう。
報告のフリーという申し立てにはどこまでのフリーを表しているのか、人道の漠然さが出ているなと思います。女子とは同ジェネレーションということもあり、おんなじ狭苦しいこどもを持つ女性としても、他人事とは思えないですし、気分を思うと辛いです。
疾患は誰のせいでもないですし、スキャンダルとは異色だ。過度な取材で余計なソフトことを願います。そして速く良くなることを祈ってある。エピレ Vライン 形

マスメディアの通報のフリーはどこまで許容なるのか