星団や種族などについて勉強をしていました

星などについて勉強しました。球状星団には赤色巨星が多く、主系列星に残っているのは寿命の長い暗い恒星ばかりです。このことから、これらの散開星団は若い星団であり、球状星団は古い星団であることがわかります。また、これら2つの種類の星団の恒星は年齢が異なるだけでなく、ヘリウムより重い元素の割合も異なっていて、年齢の若い散開星団の恒星のほうが重い元素を多く含みます。このような恒星を種族�Tの星、重い元素の少ない古い星を種族�Uの星とよんでいます。太陽は種族�Tの星です。種族�Uの星は宇宙の初期の時代に誕生したもので、種族�Tの星はいったん恒星を形成した物質が爆発などの過程で星間物質となり、その星間物質から再び誕生した恒星であると考えられています。銀河系は私たちの太陽を含む恒星の大集団です。銀河系の恒星やガスは、主として中央がふくらんだ円盤状に分布し、その円盤は渦巻き構造をしています。知らないことを知れて良かったです。ミュゼ 2人

星団や種族などについて勉強をしていました